スマホのデータ通信量が月額上限を超えると速度制限になってとても低速で使えない状態にあります。速度制限を解除したり、速度制限にならないようにするにはどうしたらよいか解説します。

速度制限を解除する方法

速度制限〜ドコモ〜 1GBで1,000円と高いのが難点

■ ドコモの速度制限は128kbps

ドコモでは契約している月の上限の
データ容量を超過すると、速度制限に
なります。

速度制限は通信速度が大幅に制限される
ことですが、ドコモの場合は128kbps
という速度です。

この速度がどのくらいかわからないかも
しれませんので、通常速度と比較して
みましょう。

通常速度はいくつか表記がありますが、
150Mbpsと比較してみましょう。

150Mbpsを速度制限を受けた時の
128kbpsと同じkbpsで書いてみると

150,000kbps
128kbps

とこんな感じです。

3桁速度が遅くなっているのがわかる
でしょうか。

本当にそうなんです。
1/1000にまでスピードが落ちて
しまうのです。

これはあくまでも性能上の数値の
比較ですので、実際にこの通りとは
言えませんが、

言えることは
速度制限になってしまうと、通信速度は
「相当遅い」ということなのです。


■ 速度制限になる条件

ドコモで速度制限が発生する条件は、

・月額通信量の上限を超過した
・3日間で300万パケット以上使った

この2つです

月の契約上限を超過した場合は、
月末になるまで速度が遅くなります。

月の中頃でなくなってしまうと月末まで
長いですよね。

そしてもう1つは、3日間の使用量に
対する上限を超えた場合です。

以前は3日間で1GBという上限でしたが
それは緩和されました。

ドコモでは、3日間で300万パケット
を超えると制限をかけるという風に
説明があります。

1パケットは128バイトですので、
だいたい、3.6GBってところでは
ないでしょうか。

使う人はこのくらい3日で使い切って
しまうかもしれませんが、通常は十分
問題ない量なのです。


■ 速度制限の解除方法

速度制限を解除するには、パケットを
新たに購入することになります。

ドコモのパケットは安くありません。

1GBで1,000円です。

月末まであと1週間もあるとしたら
購入してもいいかもしれません。

あと3日だったらどうしましょう?(笑)

データ通信速度が遅いことをどれだけ
解消したいか、そしてそこにどれだけ
お金をかけていいか考えましょう。

そして必要なら購入してよいでしょう。

ただし、その前に通信速度を改善する
方法があるので、その方法ではダメか
考えてみてくださいね。


■ Wi-Fiを使うと高速に通信できる

速度制限で低速な通信しかできないと
しても、Wi-Fiに接続できれば
その速度制限の制約は受けません。

例えば、自宅にWi-Fiがあって、
自宅に帰ってWi-Fiにつなげるなら
通信速度は遅くないのです。

外にいる場合でも、カフェや駅などには
無料のWi-Fiもあるのです。

こういったWi-Fiを使えば
速度制限でも関係なく高速に通信が
できます。

遅いのは、契約している携帯電話の
回線を使った場合で、Wi-Fiはその
回線を使わないのです。